425日 説教要旨

By Dave May

 

 先日、私はアリゾナ州フェニックスへ立ち寄りました。私は軽井沢に住んでいますが、軽井沢は寒く、帰米した時、まずモントレーに行き少し肌寒く感じました。その後モンタナへ行くと雪でした。アリゾナ州フェニックスに行くと、ちょうどよい暖かさでした。

さて、こんな小話があります。牧師とバスの運転手がともに天国へ行きました。神様は牧師に田舎の小さな家を与えました。ところがバスの運転手には大きな家が与えられました。牧師は神様に「なぜ私は小屋でバスの運転手には大きな家なのですか?」と聞くと神様は答えました。「おまえが説教をしているときは、みんな寝ている。ところが彼の運転するバスの乗客は、彼が運転している間ずっとお祈りをしていた」(笑い)。私がこれからお話をする間中、皆さんが眠くならないことを願っています。

「ティム、神様を信ずる前は神様はどのような方と思っていましたか。」

「そうですね。日本では森や山、神社にいろいろな神様がいて多くの神々がいるという感じですか」

「私は親がクリスチャンでしたから特に意識しておらず、聖書にあるように人と同じようだと思っていました」

人は多くの偶像を作ってきました。3つの視点から神の捉え方があります。一つ目は無神論です。二つ目はわからないという、不可知論です。三つ目は有神論です。神には3つの属性があります。@全能であること、A普遍的に存在する、全在であること、B全知であることです。聖書の創世記1:1には神が天地を創造したこと、箴言には神が知恵の基であること、ヘブル116には信仰によって神を知ることが書かれています。アダムとイブの時代は、神と人とは顔と顔を合わせて直接話すことができました。しかし罪によって神を見ることができなくなりました。出エジプト3318にはモーゼに神が顕れたことが記されています。旧約聖書にはもう一箇所神を見る記述があります。イザヤ61-7によるとイザヤが主を見るのですが、どんな様であったか書き残していません。王座が高く、主のすそが神殿に満ちていたとあります。ソロモンが神殿を捧げるとき(列王記上、810, 11, 27)神は神殿には入りきれないと言っています。イザヤは近づけば近づくほど自らの罪を見ると述べています。現在は、肉の目で見ることができませんが、霊の目で見れば神の栄光を見ることができ、一方で自らの汚れを知ります(ローマ323)。

イザヤに対して燃えた炭が唇に触れ、聖めようとしました(イザヤ6:7)。身が燃える思いとはどんな具合でしょうか。私が5歳のときに、家に新しい電気ストーブ(調理用の渦巻き状の電気コンロ)が入ってきました。親は私に”Don’t touch” 触ってはだめと言いました。しかし私は触ってしまったのです。神は私たちを聖め(Uコリント521)御子によって和解の仲介がなされます(コロサイ120)。キリスト者でも罪を犯す時、告白すれば罪が赦されます(Tヨハネ19)。私は10年間教会から離れていました。神はそんな私を立ち返らせてくれました。しかも痛さで戻したのではなく穏便にです。そして次のステップとして私は聖書学校で学び牧師になろうとしました。外国へ行くのではなく。しかし、神は夏のスクラム伝道に参加するように招き、ライフミニストリーズ(アジアンアクセスの前身)に導き28年間働きました。イザヤは言います(イザヤ68Here am I. 「ここに、私がおります」と。神の召命に答えたのです。

イザヤが活動していた時代は南北、北はイスラエル王国、南はユダ王国の2つに分裂していました。イザヤは裁きのメッセージを伝える立場にありました。我々には、全ての人々、全ての地にいる人々に伝える使命があります。所沢では人口18,207人に対して1つの教会しかありません。だからと言って悲観することはありません。私たちは、

愛の教え(ヨハネ316

喜びの教え(Tペテロ18

平和の教え(ヨハネ1824

希望の教え(テトス213

を伝えるのです。自分の道が不明なときは気をつけてください。神から離れているなら神に向かって歩んでください。マタイ1128には重荷を負っている者を招いています。マタイ938では働き人が少ないので祈るようにと命じています。収穫のためGlobal Day of Prayerで共に祈りましょう。